読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おふとんログ

おふとんの中からお届けします

行列が増えたのはスマホの普及が原因ではないか

行列が嫌いな選手権をしたら結構上位に食い込めるのではないかという自信があるくらい並ぶ事が大嫌いな私だが、街を歩いているとラーメン屋などに並ぶ人をよく見かける。

近所の有名なラーメン屋は、平日にもかかわらずいつも長い行列ができている。休日ともなると数時間待つのではないかという長さだ。

テレビの行列特集を見ると、1時間なんて序の口、中には3時間4時間並んでスイーツや名物料理を食べている。
昔の行列ってこんなに長かったっけ?なんか年々長くなってないか?と思って見ていてフト気付いた。

みんな、一様に下を向いてスマホをいじっている。
そう言えば、近所のラーメン屋の行列も、思い返してみると皆示し合せたようにうつむいてスマホをいじっていた。

そうだ。今はスマホと言うものがあるのだ。

スマホがあれば、1時間の行列なんて苦でもない。
確かに立っているのはキツイが、「ただ棒立ちで宙を見つめて1時間」と「ネットを見ながら、漫画を読みながら、ゲームをしながら(もしくはそれらを併用しながら)1時間」では雲泥の差である。

漫画を読んでいれば1時間なんてあっという間だ。
家で1時間スマホをいじるのも、行列で1時間スマホをいじるのも、やってる事は同じだ。
スマホさえ持っていれば、誰でも苦にならずに時間がつぶせる。

スマホは、日本の行列史(そんなものがあればだが)を大きく変えたのではないか。
ここ数年で数時間レベルの長時間の行列が増えたのは、並ぶ事が苦痛じゃなくなったからではないかと考えると納得がいく。

そう考えると、どんどん伸び続けている(ように見える)行列は、今が最長期間なのかな、と思ったりもする。
この先「時間の無駄だから並ぶのは嫌だ」と言う人が増えて、行列が短くなることは無いのかもしれない。
行列嫌いとしては生きずらい世の中だ。

でも私はやっぱり行列に並ぶ事はしないだろう。
スマホは横になってポチポチしたいからだ。