読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おふとんログ

おふとんの中からお届けします

音楽フェス「だけ」に行く人の是非

togetter.com


このtogetterを読んだ。
かいつまんで言うと「フェスは見本市みたいなもんだから、気に入ったらワンマンにも行ってあげてね」と言う話だと思う。

おっしゃることは最もで、その通りだと思う。

その一方で、ワンマンライブと音楽フェスは、似ているようでもはやまったく別のものではないかなと思う。
音楽フェスではワンマンライブでは出来ないことができるからだ。

・普段大きい会場でしかやらないアーティストが近くで見れる
・スタンディングライブしかやらないアーティストが座ってゆっくり見れる
・子供と一緒に行ける(野外フェスなどの場合)

などなど、他にも色々あるが、音楽フェスにはワンマンライブには無いメリットがたくさんある。(もちろん逆もしかり)

私はどちらかと言うと音楽フェス「だけ」しか行かない方の人種だ。
ワンマンライブとまったく一緒の条件の音楽フェスばかりであれば「気に入ったらワンマンへ」なのだが、そもそも視聴方法?そのものが違う形態な限りは、「どちらかだけ」の人種が生まれてしまうのは仕方がないのではないかと思う。

例えば、私はライブの「2~3時間」を、いつも長いと思っている。
どうしても、集中力が持たないのだ。
「好き度が足りないだけだ」と思われるかもしれないが、どんなに好きなアーティストで最高のライブだったとしても、やはり2時間は「長いな」と思う。疲れてしまう。

ワンマンライブでしか表現できない世界観がある。2時間の中で組み立てられた構成がある。それももちろん理解している。
それでも、私のような人間には1組30分程度の持ち時間の音楽フェスが楽しみやすく、好きだと思う。

「好みの問題」と一言で片づけてしまっては身も蓋もないが、自分の楽しみ方にフィットしているので音楽フェスに「だけ」行く人種もいるし、それは「気に入ったらワンマンに行く層」とはそもそも違う人種なんだと思ってもらった方がいいんじゃないかなと思ったりする。