読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おふとんログ

おふとんの中からお届けします

ドラマ「相棒」の最強の"新相棒"は天才キャラだと思う

テレビドラマ「相棒」が好きで昔は良く見ていた。
今はあまり見ていない。ワンパターン化されてしまってつまらなくなったと感じているからだ。

主人公の杉下右京の「相棒」はすでに3回変わっている。
相棒の代替わりの際は、いつも新相棒が誰になるのか話題になるが、「誰が」は話題になるが「どんなキャラが」と言うのはあまり聞かない。

初代相棒の熱血キャラ亀山くん以降、主人公を引きたてるためかどんどん相棒のキャラは薄くなっていってる気がする。
それがドラマとしてのワンパターン化を加速させている。

シーズン15ともなると、視聴者が飽きるのも当然だろう。
右京さんも、正直言ってもうかなりのお年だ。
ここらでグッと個性的な「新相棒」を登場させ、ドラマをリフレッシュする必要があるのではないかと、最近相棒を見なくなった私は思う。

前々から、新相棒にはどういうキャラクターがいいか、ずっと考えていた。
今日は「ぼくの考える最強の新相棒」を発表しようと思う。

1.右京さんと同レベルの頭脳を持った新相棒

今まで、ドラマの中で主人公の右京さんはいわゆる「天才」的な立ち位置にいた。
相棒含め、周りの人はみな、右京さんの頭脳に唸り、感心し、一目置くような関係だった。

ここに、右京さんと同レベルの頭脳を持った新相棒を持ってきて欲しい。

右京さんは、初めて自分と同レベルの天才と組み、お互いの能力に驚きつつ認め合う関係を築いて欲しい。

天才と言うのは孤独なものだ。
今まで、どの相棒も右京さんの頭脳に付いてこれるものはいなかった。
神戸くんなんかは良き理解者ではあったけれど、時には右京さんの上を行くような頭脳が欲しい。
そこで右京さん(とその新相棒)ははじめて、自分の頭の回転についてこれる人間と語り合える喜びを知ることになる。
生き生きとした右京さんの、新しい一面も見れると思う。

全体的な構図としては、ものすごいスピードで論理を展開する二人、まったく付いていけずポカンとする捜査一課、天才の競演を眺めて大興奮の米澤さん、のような布陣でお願いしたい。どうだ、萌えるだろう。

2.若き理系男子の新相棒(英国紳士修行中)

これもまた天才系のキャラクターになってしまうが、天才は天才でも少年(青年)キャラだ。

未成年を警察官にするのは難しいと思うので、警察官になれるギリギリの歳にして欲しい。
そんな制度はないが「飛び級で特別に最年少入庁」みたいな設定だとなお良い。

この新相棒は、数学の天才だ。天才ハッカー()とかでもいい。とにかくロジカルでしか物を考えられないマンであって欲しい。
天才は天才だけど、人の気持ちがいまいちわからない、みたいなメガネキャラで、右京さんが紅茶を入れるのを見て「ペットボトルで飲んだ方が短時間で済むのに非効率ですね(メガネクイッ」とか言っちゃう。
だいたい「能力バトル漫画の眼鏡理系男子」でイメージするあの感じで、だいたいあってる。

これだけだと別に相棒に登場しなくてもいいキャラクターなのだが、この少年にはもう一つ設定があって、おじいちゃんが右京さんの古い友人で「こいつを一人前の英国紳士にしてやってくれ」とか頼まれる。

そこで右京さんが紅茶の香りを楽しむことや、英国紳士の粋なんかを教えてあげる。(ここで右京さんの見せ場も作れる)
最初は無表情だった少年は徐々に数字では割り切れないものを知るのだった…みたいなストーリー。
今までそう言った経験をした事がまったくない少年を、右京さんはクラシックのコンサートとか紅茶専門店とか、行きつけのスーツの仕立て屋さんとかに連れていく。ちょっとマイフェアレディみたいな…これでシニアの心も鷲掴みやでえ…。

毎回いろんな所に出向くので、殺人事件との遭遇シュチュエーションにも困らないと言うメリットもあります。

3.疑似親子関係の新相棒

ちょっと甲斐くんと被る気がするが、この新相棒のテーマは「右京さんとの疑似親子関係」だ。
親に愛されず、人を信じることをやめた新相棒が、特命係で過ごすうちに右京さんを父のように慕い、右京さんもまた実の息子のように支える関係となる。(親子であり相棒、みたいな)
貧乏で野生育ち、みたいな設定がいい。元暴走族とかヤンキーでもいいな…。

時に照れながら、時に喧嘩しながら、二人の距離が少しづつ、少しづつ縮まっていくのを見て(毎回そんな「ちょっといい」エピソードが入る)視聴者はその度に涙するのだ。
かなりお涙頂戴方向に持って行ってかまわない。そんなシーズンがあってもいいじゃない。
右京さんは子供がいないし、戸惑いながら共に成長していく、みたいなストーリー。

捜一の三浦さんに年頃の男の子との付き合い方とか相談しちゃたり、誕生日にもらったプレゼントを花の里で自慢する右京さんとか。シニアの心鷲掴みパート2。

【没案】

両方天才キャラになってしまったが、自分の中でいくつか没ネタもあるので一緒に披露したい。

1.右京さんのストーカー

警視庁に入ってからずっと右京さんのファンでストーカーをしていた新相棒。
憧れの右京さんのいる特命係に配属され、チェスをする姿をパシャパシャ写真に撮ったりしてたら面白いかな…と思ったんだけど、視聴者的には男であれ女であれストーカーなんて見てて気持ち悪いだけだと思うので没。

2.金田一耕介的な変人系天才

また天才になってしまった…もうほんと天才キャラじゃないとダメなんだよ…絶対面白くならないんだよ…。

天才は天才でも変人、奇人系のキャラクター。右京さんが逆に振り回される、という新しい展開が期待できる。
ただ、探偵ガリレオの湯川教授を思い浮かべれば分かる通り、こういうキャラクターが「変人だけど天才」と言う事を証明するには、彼自身が事件を解決する必要がある。(そうしないとただの変人だからね)
そのため、見せ場が全て相棒に行ってしまい、右京さんの見せ場が無くなってしまう。

また、金田一耕介のような不潔系奇人キャラだと視聴者の支持を受けられない可能性がある。そうするとイケメン奇人と言う最強のメインキャラが誕生してしまうので、これまた没にならざるを得ない。

新相棒の難しさ

相棒と言うのは、右京さんを引きたてることが大前提で、新たな一面を引き出さねばならない。
右京さんを食ってしまうようではダメなのだ。こう考えると個性的なキャラクターを相棒にするのはなかなか難しい。今の没個性的になった相棒の現状も良くわかる。

ちなみに、新相棒の話題になる度に、社美彌子の名前が挙がる。
社美彌子は好きだし、女性の相棒、と言うのはなかなか良いとは思うのだが、クールなキャラクターの社美彌子は右京さんと相性が悪い気がする。そこからの広げようがないと言うか。

かと言って「素直な頑張り屋さん」「ドジっ子」「悪女」、どのキャラクターも違うし、女性キャラクターで「自分も強烈な個性を出しつつ、結果的に右京さんを引きたてる」形にするのは非常に難しいと思う。ツンデレみたいのしても女性ファンの反感買うしね。

やっぱり天才キャラ、これしかないですよ。
なんなら1と2と3、全部混ぜてくれても構わないです。(設定詰め込み過ぎて失敗するパターン)